生きるために遊ぶ

遊ぶパワーは生きる力そのもの。
そして楽しい遊びは私たちの「脳」をより活発に働かせます。

にっちび(日本知育あそび協会)の知育あそびは「より楽しく、より良く生きる」ため、
自分の頭と手と身体を使って考える基本と柔軟な思考力を培う 「考える練習」です。

幼いころより繰り返すことで考えることが得意になります。
またそれは、大人になっても日々の生活を楽しむ「あそび心」を育てることにも繋がります。
豊かな発想力で目の前の問題を解決し乗り越える力は人生の歩みに役立つことでしょう。

日本知育あそび協会は[遊ぶ][学ぶ][創る]の3つの柱で知育あそびを楽しみます。

日本知育あそび協会3つの柱

【学ぶ】

n学ぶ

子育て中の親御さん向けセミナーや、
知育あそびの知識を学ぶ講座の情報はこちら

続きを読む

【遊ぶ】

n遊ぶ

おうち知育あそび(乳幼児とのあそび)
高齢者のあそび、皆であそびの情報はこちら

続きを読む

【創る】

n創る

あそびの研究、研修
nicchibi知育あそびクリエイトの情報はこちら

続きを読む

こんな時どうする?に対応する力

にっちび知育あそびの目標・効果

にっちび知育あそびが求める大きな目標・効果は
1つの方法が上手くいかなかった時
失敗をした時、分からないモノ・コトに出会った時

その問題を自分の力で「考えて」解決に向けて進むことが出来るようになる

問題解決能力=考える力 を培う事です。

物事の答えは1つではありません。

  • お水は固い?柔らかい?軽い?重い?
  • 円柱は上から見れば円、横から見れば四角
  • 引いてだめなら押してみよう

そういった柔軟な思考を持つことは、これから先、多様性が謳われる世の中で大切な力であると考えます。
にっちび知育あそびは「考える練習」をあそびの中に取り込み、繰り返し繰り返し行う(遊ぶ)ことで
いつしか困難な場面に会った時、多面的に考えながら乗り越える力を培う事が出来ます。


最新情報

NEWS

MENU
PAGE TOP